妊婦健診の糖負荷検査とは?どんな検査?引っかかるとどうなるの?

 

妊婦健診で行われる糖負荷検査(グルコースチャレンジテスト)と言われる検査。

SNSを見ている妊婦さんは「引っかからないか心配」「引っかかってしまった」という声を目にすることが多いのではないでしょうか。

私は平成28年に第1子を出産し、令和元年に第2子を同じ産婦人科で出産しました。

第1子のときには糖負荷検査はなかったのですが、第2子のときには糖負荷検査を受けました。

近年、糖負荷検査の実施率が大幅に変わってきたようで今ではほとんどの産院で検査を実施しているようです。

ここでは私の経験をもとに、糖負荷検査(グルコースチャレンジテスト)について詳しくまとめてみようと思います♪

 

目次

・糖負荷検査(グルコースチャレンジテスト)とは?

・検査にかかる時間は?

・糖負荷検査に引っかかるとどうなるの?

・糖負荷検査に引っかからないためには?



 

糖負荷検査(グルコースチャレンジテスト)とは?

妊娠糖尿病を診断するための検査です。血液検査で血糖値を測定します。

産院にもよりますが、私が受診していた産院の場合は2つの検査を実施していました。

 

1.スクリーニング検査(50gグルコースチャレンジテスト)

ブドウ糖50gを飲み、1時間後に採血をして血糖値を測ります。

血糖値が140mg/dl以上の場合は、次の2.の検査を受けます。

2.75gブドウ糖負荷検査

空腹時、75gブドウ糖を飲んで1時間後、2時間後の3回採血をして血糖値を測ります。

空腹時血糖値 92mg/dl以上、1時間後 180mg/dl以上、2時間後 153mg/dl以上

上記のうち1つ以上を満たすと、妊娠糖尿病と診断されます。

 

検査で飲む『ブドウ糖』というのは、炭酸飲料のような感じです。

私はサイダーが大好きなのでおいしいと感じました(笑)。

2.の検査は3回も採血があり、検査の間なにも食べることができないので、まだつわりがあった私には辛かったです。

 

糖負荷検査にかかる時間は?

スクリーニング検査は1時間以上、75gブドウ糖負荷検査は2時間以上かかります。

検査の間、糖分の入ったものは口にすることができません。

私の産院では検査の間外出も禁止だったので、マンガや雑誌など暇をつぶせるものを持っていけば良かったなぁと思いました。



糖負荷検査に引っかかるとどうなるの?

妊娠糖尿病(GDM)と診断されます。

私は空腹時血糖値が93mg/dlで、妊娠糖尿病と診断されました。

血糖値が明らかに高い数値でない場合は、基本的に運動療法と食事療法の指導をされます。

私の産院では後日予約を取り、栄養士の方と面談がありました。

食事の仕方、血糖値が上がりやすい食品、血糖値が上がりにくい食品などを指導してもらいました。

 

検査結果が思わしくない場合は食前後に自己血糖測定を行い、血糖値の管理をしていくことになります。

また、食事療法だけで基準の血糖値を達成できない場合はインスリン療法が加わることがあります。

 

妊娠糖尿病と診断された場合は出産後に赤ちゃんの採血をして、低血糖症の検査をします。

特に問題がなければ、出産後の入院が長引くことはないようです。

 

糖負荷検査に引っかからないためには?

産院では、妊娠初期の間に食事の仕方を見直して、適度に運動することが大事だと言われました。

まず食事の際に簡単にできるのは『毎食、食事の始めにサラダを食べる』ことです。

サラダを先に食べることで血糖値の急激な上昇を防ぎます。

普段のご飯を玄米に変えることも栄養士さんにオススメされました。

私は白米感覚で食べられる玄米を購入して食べていました♪

 

また、つわりなどもなく主治医に問題ないと判断されれば、軽い運動も大事です。

マタニティビクスマタニティヨガがおすすめです。

 

 

 

妊娠糖尿病は、母体にも胎児にもリスクがあります。

糖負荷検査はそんな妊娠糖尿病を診断するための大切な検査です。

適切に検査を受けて、元気な赤ちゃんを産んでください♪

 

妊婦生活

 

おすすめ記事↓

通販よりもお得!メルカリで買うべき商品!子ども用品編

半額セールを狙おう!キムラタンのオシャレな格安子供服!

ママのズボンならエアパンツがおすすめ!安い、動きやすい、サイズや色が豊富♪